本文へ移動

自動車保険

自賠責保険で補償される保険金額(支払われる保険金の限度額)は「傷害120万円・死亡3,000万円・後遺障害4,000万円」となっていますが、この保険金額ではカバーできない場合が多いのが現実で、自賠責保険はあくまでも最低限の保険なのです。
 
自動車保険はいざというときに備えて、大きく分けると以下の7種類に分類でき、これらの補償を組み合わせたり、これらの補償にさまざまな特約(オプション)をセットして、1人1人に合った自動車保険を実現しているのです。

1.対人賠償保険

ご契約のお車の自動車事故により他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険等で支払われるべき額を超える部分(額)に対して、保険金額を限度に保険金をお支払いします。

2.対物賠償保険

対物賠償保険は、ご契約のお車の自動車事故により、他人の自動車や財物を損壊させたり、電車等を運行不能にさせたことについて、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金額を限度に保険金をお支払いします。

3.車両保険

ご契約の車が事故で損害を受けた場合に、車の修理代など、車両保険金額を限度に保険金をお支払いします。
事故だけに限らず、火災、台風、盗難などにより損害を受けたときにも車両保険金が支払われ、通常、装備品なども補償の対象となります。

4.搭乗者傷害に関する特約

搭乗者傷害に関する特約とは、ご契約のお車に搭乗中の人が自動車事故で死傷(死亡・後遺障害・入通院)した時、治療費や収入にかかわらず契約時に定めた金額が支払われる特約のことをいいます。

5.人身傷害保険

ご契約のお車や他の自動車に乗車中等の自動車事故で本人(記名被保険者)や同乗者が死傷した際にお客さまの損害の額に基づいて、保険金額を限度に保険金をお支払いします。この保険は、乗車中の事故だけでなく、記名保被険者または そのご家族の方が歩行中などの自動車事故の場合でも補償されます。
(注)自動車事故特約をセットした場合のご説明です。

6.自損傷害特約

相手を巻き込むことなく、運転者の責任で起こした事故には「自損傷害特約」が適用できます。たとえば、ちょっと居眠りをしたためにガードレールに突っ込んでしまったとか、スピードの出し過ぎでカーブを曲がりきれず道路脇の斜面をすべり落ちたなど、単独事故はどこにでもひそんでいます。

7.無保険車傷害特約

賠償資力が十分でない保険のついていない車との自動車事故により、乗車中の方が死亡または後遺障害を被った場合に不足する損害賠償額を補償します。人身傷害保険をセットする場合は、無保険車傷害特約の被保険者は、人身傷害保険に含まれて補償します。

この「ご案内」は概要を説明したものです。ご契約にあたっては必ず「タフ・クルマの保険(個人総合自動車保険)」パンフレット「タフビズ事業用自動車総合保険(一般総合自動車保険)」パンフレットおよび「重要事項のご説明」をあわせてご覧ください。
また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意していますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社にお問合せください。
 
2019年4月 B19-100266
TOPへ戻る